孤独な浅読み

理屈っぽい、大したことのない考察を吐き出すブログ

その8 半年経って想うこと

最後の姿は今年の2月20日、最後の声は2月23日。

半年が過ぎました。

 

新しい姿が声が届かないのは辛いものがあります。

推しが新しい姿を見せてくれるのは、本当に羨ましい。

 

振り返ると、長い様に感じてます。やっと半年経った。「サヨナラの意味」も「ないものねだり」も、あの日を境に聴く事が激減しました。「インフルエンサー」が披露されるとどこか寂しい気がしたし、「設定温度」が全員参加の楽曲と聞いたときは悔しいような気もしました。

 

でも、神宮での「設定温度」のパフォーマンスで、メンバーが1期生から2期生、3期生とつながって、一段一段降りてきた時に、本当に良い曲だな、未来にも過去にも繋がってるんだなって思えました。「インフルエンサー」では、ヒム子登場して大興奮して、最高の思い出の曲になりました。バナナマンさんに感謝しかありません。卒業したあとも、自分は乃木坂46を好きでい続けています。

この半年間で、乃木坂46はまた大きな坂を登っていってます。3期生が本格的に合流し、またメンバーが一人で減ってしまいますが、これから先も応援して、楽しんでいきたいと思います。

 

自分はあの日以降の、最後のモバメ以降の姿を想像したり、思いを馳せたりする事はほとんどしていません。まさしく逃げ水のようで寂しくなりますから。

 

しかし、こういった節目節目に、写真集見たり、曲を聴いたり、誰かと語ったり、昔の映像を見たりして過去の思い出に浸らせてください。

そして、グループの未来に思いを馳せる力にさせてください。

 

改めて、最高の思い出をありがとうございました。