孤独な浅読み

理屈っぽい、大したことのない考察を吐き出すブログ

その7 乃木坂46真夏の全国ツアー2017明治神宮球場公演

幸運にも2日間とも観てきました。

年甲斐もなく、コールで声出しまくった。名前、叫びまくった。

 

ライブの楽しみ方は人それぞれで、コールに全力を出してる人、曲に聞き惚れてる人、双眼鏡駆使して(たぶん)推しメンを追っかけてる人、メンバーの名前叫ぶ人、独自のコールで楽しんでる人などなど色んな人がいていいと思ってます。

会場は、乃木坂46への愛とライブを楽しみたいという共通の意思をもった人の集まりなので、その範囲内でお互いが認め合えればメンバーにとっても、ファンにとっても良いライブにできるはず。

 

ということで、大興奮のライブを振り返り、記録しておきたいと思います。

 

 期生別ライブ

 

初の試みであるこの構成はあたかもバースデーライブのような歴史の振り返りを感じました。

3期生は初期の楽曲と自分達に与えられた2曲を披露し、未来への決意表明も行われた。将来、このライブが3期生を語るのに必要なワンシーンになったと思います。先輩たちに追いついたり、歴史を背負ったりすることは大変。先駆者であるAKB48も期待されるメンバーへの引き継ぎみたいなものは上手くいったりいかなかったりな感じがして、教科書がないような状態。大園桃子さんが言っていた不安でいっぱいというのは素直な言葉なのではないでしょうか。

 

その後の2期生ライブ。こちらは聞かせる楽曲が多く披露された。思い入れの深い楽曲を中心に、これまでの思い、これからの想いを2日間でメンバーが語りました。

その中で、「嫉妬の権利」は考えさせられました。「嫉妬」に込められたものが現状の2期生を表すような気がしたから。発表当時は1期生に、今は3期生に対する思いの様にも受け取れました。

あと、渡辺みり愛さんが3期生が入って「最年少」ではなくなったけど、これまで培った経験に自信をもって譲れますと宣言して、似たような想いを2期生全員が持っているじゃないかなとパフォーマンスから感じました。それだけ気合いが入っていたように見えました。

 

最後に1期生。一人ずつ名前を呼ばれながら登場し、「制服のマネキン」から一気に会場のボルテージを上げました。次に披露された「ダンケシェーン」で、1日目欠席であった生田絵梨花さんの代わりに中元日芽香さんが歌唱したシーンに感動しました。代役としてバッチリだし、何より復帰をお祝いしたいファンが多かったはず。本当はもっとひめたんの復帰を盛り上げる演出なり、MCがあってよかったのかなぁと思いました。別冊カドカワvol.04のインタビューにもあるけど、自然に復帰できた事は良かったこと。でも、あまりにも自然にパフォーマンスをこなすところがプロ過ぎた。その後のらじらー出演もこなして、力の大きさを感じました。

 

全員でのライブ

 

1期生最後の曲から続いて「設定温度」。この曲を聴いたときに、全員歌唱の楽曲の歌詞にしてはメッセージ性が薄いような気がしていました。でも、今回のライブで、1期生に続いて2期生、3期生と順番にステージの階段を下りて集合していく様と期生別のライブのそれぞれの想いを合わせて、このライブでの乃木坂46を表現したような演出になっていた気がします。

「僕だけどうしてこんな苛立つのか」「君と僕はもっと言い合った方がいい」「「一緒に住むから愛と呼べるんだ」「そんな気遣いは無駄なことらしい」

1,2,3期生の融合は永遠の課題だけど、今回のツアーは秋まで続く。「秋はまだ遠い」で締めくくられるこの楽曲が、ツアースタートの7月の神宮にピッタリな感じがしました。

 

サプライズ発表

 

新たなアンダーライブとツアーfinalの東京ドーム公演2DAYSの発表は、18thの選抜が発表されると、また色々な意味が出てきます。メンバーはある程度思うところがあった。ファンはまだ知らない。少し、アンバランスな雰囲気が会場にあったのは事実かなと思います。もちろん、基本的には盛り上がっていたけど、少し緊張が走った感じはありました。選抜発表で本当に色々な意味が出てくる。もう待つしかありません。

その中で東京ドーム公演の発表後の生駒里奈さんのMCでは、綺麗な涙を見せてくれました。もちろん長く活動をやっていく中で、やっとたどり着いたとか、グループの通過点でもあるとか考えることはメンバーとしてあると思います。でも、あの場で素直な感想を口にできるのは生駒ちゃんで、彼女が引っ張ってきたグループだからこそ好きになれたなと改めて思いました。

 

長く書いた~。とりあえずこんなところで終えたいと思います。

乃木坂46にとって神宮は特別な場所だと改めて思いました。また参加できることを祈るばかりです。

とりあえず東京ドームに向けて、徳を積みたい。(←すでに不純)

 

その6 「音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対」とは何か

83.33333…時間

 

 この数字は、アーティストのライブやコンサートについて、独断と偏見によって導き出しました数字です。

 条件は以下の通りです。

 

座席数:3万人分

一人当たりの身分確認に要する時間:10秒

入場窓口:一つ 

 

30,000×10÷1=300,000秒=5,000分=83.33333…時間

 

 全観客に身分確認を行った時にかかる時間を自分なりに算出してみました。 

 この条件はどれくらい現実的なのか。

 奇跡的にこの記事を読まれているご自身で条件を変えて、考えていただければと思います。と言っても、多くの方がこういった計算をされているでしょう。より複雑に、正確に。

 しかし、小難しいことは私には分からないので、自分の物差しで考えたいと思います。

 

検証

 まず、この座席数の会場で、入場窓口が一つであることはあり得ません。会場の構造にもよるでしょうし、人員が増えればそれだけ費用もかかる。席種によって値段が違えば、それに伴ってより細かく分担する必要もあるかも知れません。

 次に、身分確認はどれ程スムーズに行えるものなのでしょうか。窓口でチケットや身分証の提示に手間取ることもあるでしょう。それこそ、怪しい人物にはより詳細に確認する必要があります。当たり前ですが、10秒が20秒になれば、結果は2倍になります。逆に5秒で終われば半分です。平均しても、どれくらいの時間で実施できるのでしょうか。

 

 ライブやコンサートには、当然リハーサルや会場準備があります。運営作業など関わったことがありませんので、実情は知りませんが、開場時間に間に合わせるため、慌ただしく作業が行われていると想像します。時には同じ会場での複数公演などもあります。会場から開演までの時間をなるべく短くし、お客さんの負担を減らすこともサービスとして重要なはずです。

 

現実

 物事は常に理想に向かって取り組まれます。この場合、ライブやコンサートにおいての理想とは、「多くのファンが適正な販売ルートでチケットを入手し、会場を満員にすること」だと思います。あらかじめチケット販売時に、入場時に全員の身分確認を実施すると周知しておけば、転売を目的とした購入は減少すると思われます。

 しかし、理想を追い求めるには、それではダメなんですね。何ヶ月も前に購入したチケットを消化できないファンも必ず現れます。その人たちが転売を行わなくて済むように、再販制度も必要だとされています。また、同伴者についても同様な身分確認が必要となれば、同伴者の変更に対応することも理想への一歩かもしれません。

 

 

 

 ここまで考えて、誰もが思うわけです。

「めんどくさいな」

「皆が良心に従って行動すればいいじゃん。」

 

 私もそう思います。でも、それって(言い過ぎかもしれませんが)世界平和を願うのと同じです。

 

 しかし、その世界平和を願って、多くのアーティスト、音楽関係団体がタイトルにある宣言を行ったんだと思います。それこそ「ラブ&ピース」を歌うように。

 

希望

 自己都合で会場へ行けなくなった人はただただ涙を飲み、多少の空席はやむを得ない。また、入場時のストレスは我慢する。最大公約数というのか妥協というのか、ベストは無理だけどベターな方法を考える。誰もが幸福になる方法なんて現実的にはあり得ない。

 

 でも、信じて歌いたいのは私だけでしょうか。

 

 誰か、この世界を平和にする方法を考えてください。よろしくお願いします。(結局、他力本願ですいません)

その5 三番目の風

先日、高校の同級生との集まりがあり、転勤とか異動の話が出ました。仕事が変わったり、新しい人間関係だったり、環境が変わったり、まあ色々と大変だよね〜的な事です。みんな色々なプレッシャーを受けながら頑張ってるんだな〜と思いました。

 

いよいよ始まる

明日5月9日から乃木坂46の「三期生単独ライブ」が始まります。「3人のプリンシパル」と同じ会場で再び一歩踏み出す。3期生のみでパフォーマンスし、MCがあったりと想像するが、プリンシパルとは違ったプレッシャーがあるはずである。

 

単独ライブが発表された時に、ネット上で加入当時の2期生と比較する意見を目にした。過去を振り返ると、2期生が苦労してきた時期についてファンの間で語られていることがわかる。不遇の時代を経て今があり、それこそ先日のアンダーライブなどはその辺りの微妙な空気感ががメンバーとのファンの間に共有されていたところもある。もちろん誰が悪いとかではなく、グループに必要な成長痛のようなもので、必ず通らなければならない道であることは皆分かっているはずだ。(時期や方法に納得がいかない人もいるかも知れないが)アンダーメンバーは東京シリーズを終えて一つ自信が付いたと思う。

 

3期生のオーディションが2016年7月から。「裸足でSummer」、4thバスラを兼ねた全ツの時期でグループの機運は上向き。紅白歌合戦の連続出場もあり、どこまで予想していたか分からないが、さらにシングルの売上枚数も伸び、グループの力は当初よりさらに大きくなっている。その力をもって3期生を受け入れる余裕、懐を深くすることが出来ているはず。その流れの中でのプリンシパルであり単独ライブである。経験の場を多く設けることが出来るように考えられている。

 

求められるもの

しかし、これは3期生にとっても酷な部分がある。1、2期生が5年、6年の間に積み上げてきた事を、もっと短い時間で修得していかなければいけないというプレッシャーである。この辺りは先人である48グループを見ていれば分かるが、途中加入の難しさは計り知れないと思う。しかも専用劇場を持たない乃木坂46としては、経験の場はより少ない。けれど、全国ツアーなど先輩たちと比較されながらも、堂々とした、魅力あるパフォーマンスを披露しなければいけない。ライブに限らず、テレビや雑誌など芸能界に馴染む事自体も大変である。

 

逆に言えば、1、2期生のメンバーがこれまで培ってきた事、ファンに与えてきた事はそう簡単に実行できる事ではないと思う。これまで多くの壁を乗り越えてきたと思えば、スタート地点の3期生との差は開いている。

その距離をなるべく早く埋めるべく、色々な方策を矢継ぎ早に打っている。それが出来るのも、これまでグループが大きくなったからこそである。グループが大きくなっているからこそ、一つの活動に質が求められ、かなり急な成長曲線を求めているのである。

 

人数が増えることは、グループの力が大きくなる可能性がある分、メンバーひとりひとりの取り上げ方が分散されてしまうファンとしては悲しい部分がある。しかし、今後も乃木坂46の楽曲を歌い継いでもらう3期生メンバーには期待しているし、加入してくれて感謝している。モーニング娘。など、昔懐かしの思い出の曲が後輩メンバーによって歌い継がれている感動を、いつか与えてくれる事を願ってる。それを聴いて、ライブを観に行った事、握手した事などを思い出させてくれる日を、早くも楽しみにしてしまっている。単独ライブ、また一つ壁を乗り越えていってほしい。